Thanksgiving in Florida (3) パッチワークギルド

  • 2012.11.20 Tuesday
  • 22:52
JUGEMテーマ:アメリカ生活

11月20日火曜日。やっと晴れて暖かくなり、フロリダらしい気分になった。

この日は午前中、義母がこちらで参加しているパッチワークギルドに一緒にでかけた。

中学の数学教師だった義母は手芸が大好きで、退職してからは、パッチワークが生きがいである。私たちも結婚祝いに見事な掛け布団をもらった。親戚や親しい友人たちの子供が結婚したり、孫が生まれたりするたびに、お祝いにパッチワークを作ってプレゼントするのが楽しみなのである。

母が手芸好きなので、私も自分でやらなくても見るのは大好きなので、喜びいさんでお供した。平日の午前中に集まっているグループで、メンバーのほとんどは義母と同じく、自適悠々の生活を送るシニアのご婦人方。ギルドは町の中心部にあるアメリカン・リージョンで毎週開かれている。

フロリダでの義母と義父の日課では、毎週火曜日の午前中、義母がここに来て仲間たちとパッチワークの作業やおしゃべりを楽しみ、その後このアメリカン・リージョン(バーとレストランもある)で他のメンバーと昼食を食べ、その後義父のためのランチをここでテイクアウトして持ち帰る、ということになっているそうだ。アメリカの在郷軍人(退役軍人)のための組織ということで、提供している食事は信じられないほど安い。

母が手芸好きで、私も大学時代に編み物をよくしていたが、渡米してからは時間的にも精神的にもほとんど余裕がなく、手芸からは遠ざかっている。しかし、人がやっているのを見るのは大好き(笑)。なのでこの日は色々見せてもらって楽しかった。

ギルドでは、共同のプロジェクトも色々やっているし、経験豊かな人が他のメンバーに教えたりもする。チャリティのために一つのテーマを決めてみんなそれぞれ作品を作り、バザーでそれを販売したりもする。そして各自のプロジェクトも、ここでみんなに披露しながら作っていくので張り合いがあるようだ。

今、義母が作っているのは、親しい家族に今年生まれた赤ちゃんのためのお祝いキルト。子供用らしい楽しい色合いと柄だ。パッチワークの作業はほぼ終了して、これから仕上げ段階。おおお、とみんな拍手して、パーティーゲームの「ツイスター」みたいね、と楽しそうな声があがる。
12-11-20-03_.jpg

メンバーの多くの人が今取り組んでいるのがパッチワークジャケット。なんと、トレーナーを使うのだ。まずは、洗ってアイロンをかける作業を数回繰り返して、トレーナーの分厚い生地を薄く、平らにする。そして袖、後ろ身頃、前身頃(これは左右二つに分ける)に切り分ける。そこに縦に細長く切った布地をパッチワークとして重ねていき、ジャケットにするというわけだ。こちらは作業が始まったばかりのもの。面白いアイデアだなあ。

12-11-20-06__.jpg
続きを読む >>

Thanksgiving in Florida (2) マージョリー・キナン・ローリングスの家

  • 2012.11.19 Monday
  • 22:25
JUGEMテーマ:アメリカ生活旅行

月曜日は少しだけ遠出して、「子鹿物語」の作者、マージョリー・キナン・ローリングス女史が長年住んだ家の見学に行ってきた。ここは州立公園になって一般公開されている。今ウェブサイトがなぜか開けなくなっているが、一応アドレスはこちら。

今回のフロリダ滞在で観光らしいことをしたのはこれだけであるが、これがとても楽しみだった。

同じローリングスでも、ハリポタの作者、J. K. Rowlingsとはスペルが違い、こちらはMarjorie Kinnan Rawlingsである。

地図はこちら。
滞在先の夫の両親の家からは車で約二時間である。夫の両親と私たち夫婦の四人で出かけた。

残念なことにこの日は肌寒く、少し小雨も降っていたが、無事午後に到着。

フロリダの内陸部だが、近くに湖や河がある。駐車場からの入り口にあった、ようこそマージョリー・キナン・ローリングス州立公園へ、の看板。

12-11-19-01__.jpg

自然をこよなく愛し、執筆の傍ら、自らオレンジ農場を営み、狩猟や釣りも男に混じって堂々と行い、近隣の貧しい人たちと生活を共にして時には援助も惜しまなかったローリングス女史。その彼女の言葉が入り口の小道の看板に刻まれている。

「人間味のないハイウェイを降りて、錆びた門をくぐり、後ろ手にその門を閉めることが必要だ。オレンジ畑に立つと、一つの世界を脱出し、もう一つの別世界の中心に立っている自分がいる。そして、長い年月の心の放浪と郷愁を経た今、ここには子供時代の神秘的な素晴らしさが再び甦ってくる。」(彼女の著書、Cross Creekからの抜粋。自分で訳してみました)

12-11-19-03__.jpg

その言葉の通り、21世紀の世界を後にして敷地内に入っていく。木に囲まれた広い敷地(72エイカー、29万平方メートル)の中心はオレンジ畑。

12-11-19-04__.jpg

それを取り囲むように納屋、家、使用人の家、鶏小屋などが並んでいる。

評価:
Marjorie Kinnan Rawlings
Touchstone
¥ 1,024

続きを読む >>

Thanksgiving in Florida (1)

  • 2012.11.18 Sunday
  • 22:46
JUGEMテーマ:アメリカ生活
今年もサンクスギビングが近づいてきた。いつもならニューヨークのロングアイランドにある夫の実家に集まるのだが、今年はフロリダに集まることになった。前回フロリダでサンクスギビングを祝ったのは2007年。私はフロリダ初体験だった。

夫の両親は、夫の父方の祖父が定年退職してすぐ、NYからフロリダに移り住み、その後亡くなるまでずっと住んでいた家を譲り受けた。2人が定年退職してからは、冬はそちらで過ごすのが習慣になっている。ただし、毎年サンクスギビングの数日前にNYに戻って来て、サンクスギビングとクリスマスはこちらのエリアで過ごすのである。そして年明けすぐにまたフロリダへ戻り、4月中旬までそちらにいる。

そこで数年に一度は夫とその妹の家族がフロリダへ行ってサンクスギビングをそちらで祝うのである。ちょうどボストンや夫の妹が住むフィラデルフィアもこの時期には寒くなってくるので、こちらも暖かいフロリダで数日過ごせるのは嬉しい。

サンクスギビングの直前と直後は、ちょうど日本のお盆のような感じで、アメリカ全国で空港が大混雑する。そのため、夫と私は休みをちょっと長めに取って、その前の土曜日からフロリダに行き、一週間そちらに滞在することにした。行きは飛行機、そして帰りはサンクスギビング後の日曜日にフロリダから鉄道(アムトラック)の寝台車でNYまで、そしてそこからは普通列車でボストンまで帰ってくることにしたのである。日本でもこちらでも、寝台車など乗ったことがない私は、もうチケットが取れた日からワクワクして楽しみにしている次第である。

ただし、今回は「のんびりする」のが家族全員のテーマなので、あまり大げさな観光はしない。サンクスギビング当日も今年は七面鳥は焼かないで、レストランに行くことになった。

と、いうわけで、土曜日の夕方、オーランド空港に到着。夫の両親が迎えに来てくれた。オーランドから車で1時間ちょっと、フロリダの東海岸のNew Smyrna Beachの海岸からすぐのところに家がある。この日は近所のレストラン、Norwoodで夕食。

翌日日曜日、この日は朝、ビーチに行ってみた。ここ数日低気圧がずっとこの辺りで停滞しており、気温はフロリダにしてはやや低めである。風が強く、ビーチは波が高かった。そして高潮になっていて、ビーチに下りる階段のところまで波が押し寄せていたのである。
続きを読む >>

オタワ旅行5日目:帰路に立ち寄ったAusable Chasm

  • 2012.08.04 Saturday
  • 22:16
JUGEMテーマ:アメリカ旅行

旅行最終日。今日は夜に自宅へ帰るが、その前に、シャンプレーン湖のNYサイドにあるAusable Chasm(オーセーブル渓谷)に寄って行くことにした。Maloneからやや南東である。Maloneを出て東に向かって走ると、Ellenburgという町がある。この町にはWind Farmがある。風力発電のための風車がたくさん立っているのだ。これはなかなか壮観だった。
12-08-04-03___.jpg

とうもろこし畑の向こうにどこまでもどこまでも続く発電用風車。まだまだこれからどんどん立って行くらしく、巨大な部品を積んだトラックに何度か出会った。

12-08-04-11___.jpg

さて、Ausable Chasmに到着。ここは州立や国立の公園ではなく、私有である。色々なタイプのツアーを用意しており、ハードなハイキングから子どもでも楽しめるコースもある。私たちは2キロ弱歩いたあと、ゴムボートで流れを少し下る楽なコースにした。何しろ連日たくさん歩いてちょっと疲れもたまっていたし、本格的なハイキングの準備もない。それでも景色は十分楽しめた。まずはこのインフォメーションセンターで料金を払い、地図をもらってスタート。

12-08-04-20___.jpg


続きを読む >>

オタワ旅行四日目:衛兵交替/総督邸/ローリエ・ハウス

  • 2012.08.03 Friday
  • 22:36
JUGEMテーマ:カナダ
JUGEMテーマ:歴史

8月3日の朝。朝食はエッグ・ベネディクト。
12-08-03-005__.jpg

宿をチェックアウトして、再び車で国会議事堂の近くへ。路上のスペースを見つけて駐車し、議事堂へ行く。午前中に衛兵交替儀式があるので、それを見物するためだ。たくさんの観客が集まっているが、なんとかいいスペースを見つけた。二組の衛兵とブラスバンドが議事堂前の芝生広場にやってくる。ブラスバンドが演奏する曲は「軽騎兵序曲」など、軍隊に関係ある曲ばかり。

12-08-03-020__.jpg

2人の将校(?)が衛兵を一人一人検査しているようだ。
12-08-03-047__.jpg

前から後ろから、ていねいにチェック。
12-08-03-048__.jpg

それも終わって全員退場。半分残るのかと思ったらみんな行っちゃうのね(笑)。数人残って観光客の記念撮影に応じていた。最後の辺りでモーツァルトの「フィガロの結婚」からのアリア「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」を演奏したのはちょっと笑ってしまった。確かに軍隊に関係あるけど…。
12-08-03-061__.jpg

さて、次はカナダ総督邸、リドー・ハウスを見学に行く。
続きを読む >>

オタワ旅行3日目後編:カナダの国会議事堂とカナダ文明博物館

  • 2012.08.02 Thursday
  • 23:05
JUGEMテーマ:歴史旅行食べある記|グルメカナダ

最高裁判所見学の後はいよいよ国会議事堂。建築された年などはこちらをどうぞ。

広い前庭があり、芝生を隔てて通りと面しているのがこのセンターブロック。綺麗な建物である。まさに絵葉書状態。

12-08-02-012__.jpg

芝生を取り囲むように、Center Blockの右側にはEast Block。
12-08-02-009__.jpg

そして左側はWest Block。この三つの建物と道路で芝生の庭を囲む。
12-08-02-007__.jpg

ツアー開始前に、議事堂の裏を歩いてみる。裏はオタワ河をはさんで隣のケベック州ガティヌー(Gatineau)の町。この議事堂は小高い丘の上なので景色がいいこと!
続きを読む >>

オタワ旅行3日目:オタワ編1・バイワードマーケットと最高裁判所

  • 2012.08.02 Thursday
  • 22:12
JUGEMテーマ:旅行カナダ

初めに:写真が大量にあるので、今回は一度にアップロードできる機能を使用したのだが、そうするとサムネイルが作成されないことがわかった。そのため、今回はできるだけ大きなサイズでご紹介します。クリックしても写真サイズは変わりませんのでご了承ください。

8月2日の朝。Avalon Bead & Breakfastの朝食。こちらはマローンのKilburn Manorよりフォーマルな感じである。

12-08-02-001__.jpg

ブルーベリーパンケーキ、ベーコン、フルーツの朝食。
12-08-02-002__.jpg

朝食がすみ、さっそくでかける。ダウンタウンまでは歩けないこともないのだが、一日のプランを考えて国会議事堂近くの駐車場に車をとめることにした。ボストンの市内の駐車場に比べれば三分の一以下の値段である。ボストン郊外の地下鉄の駐車場くらいの値段。駐車場はショッピングモール兼オフィスビルディングの地下にあり、地上に出るためショッピングモールに出てくるとこんな光景が。ロビーにテレビが設置され、オリンピックの中継が放送されている(モニターは二つあり、それぞれ違う競技の中継)。三段のスタジアム式のベンチまで用意されている。平日の午前中なのに(笑)、けっこう座り込んで真剣に見ている人たちがいた。なんというかのどかな感じで、こういうのもいいなあ。
12-08-02-005__.jpg

国会議事堂の前の通りの歩道にこんなペインティングも。

12-08-02-034__.jpg

まずは国会議事堂でツアーのための無料チケットを受け取る。さすがに夏の観光シーズンで人気があるので、まずこちらを確保してから残りの行動予定を立てるのである。午前中11時頃に行って、2時半のチケットが取れた。なので、その前に最高裁判所のツアーに行くことにする。国会議事堂と最高裁判所はかなり近い位置にある。

しかし最高裁判所のツアーは1時からなので、(英語ツアーは一時間ごとにあるが、12時はお昼休みでツアーがない)、それを待つ間、最高裁判所とは反対側、国会議事堂の北西にあるバイワード・マーケットに足を運んでみることにした。

 
続きを読む >>

オタワ旅行2日目 - アッパー・カナダ・ビレッジで19世紀のカナダの農村生活を体験(後編)

  • 2012.08.01 Wednesday
  • 23:02
JUGEMテーマ:食べある記|グルメ旅行歴史

印刷所を出ると、今度は学校。小さな建物で、「大草原の小さな家」の本やテレビシリーズ、また「赤毛のアン」などに親しみのある人なら想像できる光景である。そこに、どうやら夏の子供向けプログラムに参加しているらしい子供たちが当時の服装でやってくる。これは楽しいなあ。私が子供だったらやってみたかった。気分はすっかりローラかアンである。


この先生は実に先生らしかった。私たちのような見学客は手際よく壁際にある椅子に誘導される。男女席を同じくせず、で、夫婦やカップルも別々に座らなければいけない(笑)。


子どもたちは(撮影は問題ないらしい)順番にスペリングをやっていた。先生が単語を言い、子どもはその単語のスペルを答える。間違えると横の席に座って勉強する。


昔の勉強はひたすら暗記ばかりで、その反動で今はアメリカの学校教育ではあまり暗記を重視しないのである。それはそれで偏っている気もするが。

続いてはチーズ作りの場所である。村ではこの頃、共同のチーズ製作場があり、自分の家の牛乳を持って行き、目方を量って渡すと、その分のチーズを作ってもらえるようになっていたそうだ。さっそく中に入る。

続きを読む >>

オタワ旅行2日目:アッパー・カナダ・ビレッジで19世紀のカナダの農村生活を体験(前編)

  • 2012.08.01 Wednesday
  • 22:49
JUGEMテーマ:旅行食べある記|グルメ歴史
(写真はすべてクリックで拡大します)

旅行2日目。Kilburn Manorの朝食。マルチグレインのパン、ハム、フリッタータ(オーブンで焼くオムレツのようなふわふわの玉子料理)にオレンジジュース、コーヒーか紅茶など。親戚の家にでもいるようなゆったりとしたもてなしで肩肘はらず、こちらもおかわりもしやすく(笑)、好きなものを好きなように食べられる。気楽な実家にでも来た気分である。リピーターが多いのもうなずける。


マローンを出発して北西へ。ネイティブアメリカンの居住地を通過した後、米国とカナダを隔てるセント・ローレンス河にかかるSeaway International Bridge(シーウェイ・インターナショナル橋)を渡る。中州にあるコーンウォール島もネイティブアメリカンの居住地らしく、対岸に渡るまでカナダの入国審査は行われない。米国出国の時は何のチェックもなく、ただ通過するだけである。



カナダに入ると、オンタリオ州のコーンウォールという町である。ここにアッパー・カナダ・ビレッジがある。英語のオフィシャルウェブサイトはこちら。アッパー・カナダという名称の説明についてはこちらをどうぞ。


マサチューセッツ州にも、1620年代の生活を再現したプリマス・プランテーションや19世紀の生活を再現したオールド・スターブリッジ・ビレッジがあるが、このアッパー・カナダ・ビレッジもまた、19世紀のアッパー・カナダの農村の生活を見事に再現したものである。多くの古い建物がここに移築されており、上記のマサチューセッツの施設と同じく、当時の服装のガイドたちが実際に当時の日常の仕事を行いながら話を聞かせてくれる。

歴史やこういう昔の生活文化が大好きな私たち夫婦はこういうところが大好きなのである(笑)。さっそく入場手続きをしてワクワクしながら村に入っていく。


続きを読む >>

オタワ旅行1日目:ニューヨーク州マローンでアルマンゾ・ワイルダーの生家を訪ねる

  • 2012.07.31 Tuesday
  • 22:38
JUGEMテーマ:旅行アメリカ児童文学

ひさしぶりの旅行である。四泊五日でニューヨーク州北部のマローンと、カナダの首都オタワを訪れることにした。マローンで一泊、オタワで二泊、そして最後にまたマローンで一泊する。

夏の旅行は北の方が涼しい、飛行機は夏は高いし大変なので気楽なドライブ旅行がいい、だから車で行ける距離、ということでカナダに決定。オタワはカナダには何度も行っている夫も未体験である。

初日の今日はボストンから北のニューハンプシャー州に北上し、そこから西へ向かう。ヴァーモント州を通過して、シャンプレーン湖の北部を橋で渡り、 ニューヨーク州に入る。そこからマローンまでは遠くない。

午後2時半にマローンの町に到着した。まずは最初の目的地へ行く。


アルマンゾ・ワイルダーは「大草原の小さな家」シリーズの作者、ローラ・インガルス・ワイルダーの夫である。彼の少年時代(9歳の時)を描いたのがシリーズ中の「農場の少年」(Farmer Boy)。(本のリンクは下にあります)

アルマンゾはマローンで農業を営む家に生まれ育った。その家が今でも残っており、マローンの人々の努力により、1980年代の終わりに土地を買い戻し、納屋を建てて当時の様子を復元してあるのがこのWilder Homesteadである。

このシリーズを子供の時から何度も何度も読み返し、アメリカに来てからも原書を買い揃えて、いい年になった今でも時折読み返している私にとっては、「聖地」の一つだったのである。

田園と森に囲まれた風景の中にその家はあった。

本に書かれている通りの家。思っていたより小さく見えるのは、本が9歳の男の子の視点から書かれていたからかもしれない。

どきどきしながらインフォメーションセンターでガイドツアーのチケットを買う。ガイドは高校生くらいの若い少年だった。一生懸命やっていてとても好感が持てた。夏のバイトなんだろうなあ。
評価:
---
Houghton Mifflin School
¥ 2,230

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お願い

コメント、トラックバックしてくださる皆様、ありがとうございます。

コメント、トラックバック共に、内容が不適切であると判断したもの、商業サイトによるもの、リンクなしのトラックバック、アフィリエイトのみのブログからのトラックバックは削除させていただきます。ご了承ください。

また、商業サイトによる無断(無許可)リンクはお断りさせていただきます。

また、ボストンの観光などについて個別でご質問をいただくことがありますが、なかなか個別の質問にはお答えする時間がありません。申し訳ありませんが、ボストン関連の掲示板などで質問されることをお勧めします。リンクにボストン情報の掲示板のリンクがありますので、どうぞご利用くださいませ。

最後にこのブログに掲載されている写真、文章などすべての内容の転載は固くお断りします。どうかご遠慮ください。

ミル姐の本棚

読書中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM