米国における電子書籍のメリット

  • 2015.08.27 Thursday
  • 22:16
JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:海外ミステリー
JUGEMテーマ:電子書籍


作者の国でありながらこの国では久しく絶版になっていたエラリー・クイーンのドルリー・レーンシリーズ四冊がやっとAmazonのKindleおよびkoboの電子書籍として登場した。(というか既に出ていたのかもしれないが、私がチェックするのは半年おきくらいなので…)

アメリカと日本では本の流通システムがまったく違う。アメリカでは再販制度がないため、本の値引きも頻繁に行われている。その代わり、非常にシビアで、たとえ評価が高い書籍でも、売れなければあっというまに絶版になってしまうのだ。書店にとって売れない在庫を抱えるのは損失になり、出版社にとっても在庫を抱えれば抱えるほど無駄な出費になるらしい。日本語訳の再販が続いているのに英語版のオリジナルが絶版、というケースも多く、昔日本語で読んだ英語の本の原書を読みたい、と探してもなかなか入手できず、がっかりすることも多い。

エラリー・クイーンは米国におけるミステリージャンルの父(二人なので正確に言えば両親というところか…笑)である。数々の名作品を生み出し、のちのミステリー作家たちに大きな影響を与えただけでなく、長きにわたってエラリー・クイーン・ミステリーマガジンを発行し、そこから数多くの新人を輩出してきた功績も大きい。

そんな彼らであるのに、今、米国内では彼らの作品は国名シリーズくらいしか紙の書籍が出ていないのである。英国の作家であるアガサ・クリスティーの本なら何度も再販され、いくらでも買えるのに…。

ここでちょっと脱線。

私はここ数年koboのブックリーダーを愛用している。Kindleとの違いは、米国のkoboが各地の小さな書店と提携していることだ。私は自分のブックリーダーを家の近所にある古本屋で購入した。ここは古本屋だが、新刊も頼めば取り寄せてくれる。こことkoboが提携しており、koboの口座を開設するにあたって、この古本屋を指定すると、私の口座はこの店と提携したものになり、koboから電子書籍を購入するたびに、この店に売り上げのいくらかが支払われる仕組みだ。そのため、Kindleよりは良心的な気がするのだ…。ごくたまにKindleにはあるがkoboにはない書籍もあるが、たいていのものはほぼ共通なので今のところあまり問題はない。

 
我が家は狭いのに本棚から本があふれ出し、最近は床に進出してきつつあるため、数年前から再読の可能性が低い本は古本屋で処分し、電子書籍で買えるものは少しずつ切り替えている。収納の問題だけではない。紙の本の良さもわかるが、年齢を重ねてくると、実は軽くて持ちやすく、文字の大きさや行間も簡単に調節できる電子書籍リーダーはとてもありがたい。わからない単語はそのままそこで調べることもできるし、印象に残る場所はハイライトしてあとで簡単に探すこともできる。

私のリーダーはバックライト機能つきの白黒なので、写真や挿絵が豊富なものには向かないが、普通の書籍としては非常に読みやすい。日本語のものは日本の電子書籍マーケット事情のため、海外在住者は購入できないが、青空文庫のものならkoboのフォーマットに変換してインポートできるので、吉川英治などの作品は充実してきた(笑)。マイクロSDカードを入れて容量を大幅に増やせるのもありがたい。今、未読既読、そして日本語英語の両方を含めて私のリーダーには152冊の書籍が入っている。まさに本棚を持ち歩いているようなものだ。外出先でも待ち時間などがあれば読書したいので、持ち歩けないような大きな本(ノンフィクションは特にペーパーバックでも大きいものが多い)も気軽に読める。

家にある本でも少しずつ古本屋で処分し、何度も読みたいものだけ電子書籍に切り替えていこうかと思っている今日この頃である。とにかく本の虫で、特にミステリー作家で気に入った人がいると、その人の作品を片っ端から読んでしまうので、本がたまりやすいのだ。できるだけ、がさばらないマスマーケット版のペーパーバックにし、ハードカバーを買うことは皆無に近いが、それでもたまると場所を取る。30冊くらいのシリーズも少なくないので、電子書籍に切り替えて断捨離し、すっきりしたいのだ…。

そして電子書籍の大きなメリットは、上に書いたエラリー・クイーンの作品のようなケースだ。高評価なのに絶版になった本も、データならそれほどコストがかからないので、少しずつ電子書籍化が進んでいるのである。私がkoboのリーダーを使い始めた頃、エラリー・クイーンの作品はほとんど電子書籍市場に出ていなかったが、今ではかなりの作品が買えるようになった。

これは私のようなオバサンにとってはとても嬉しいことなのだ。10代、20代の頃に日本語で読んで好きだった本を原書で読みたい。こちらに来て26年、紙の書籍で買えるものはほとんど買って愛読したが、絶版になっていたものはどうしようもなかった。それが今入手できるようになる。ありがたいことだ。

koboに数年前リクエストしていたノンフィクションの本も今チェックしたら買えるようになっていたので早速購入した。比較的簡単にメールでリクエストできるのが嬉しいところだ。

今電子書籍化を待っているのがDavid Eddingsのベルガリアードとマロリオンだ。彼の作品はごく一部しか電子書籍化されていない。もう一つはアイザック・アシモフの「黒後家蜘蛛の会」シリーズ。SF作家のアシモフだが、このシリーズは連作短編のミステリーだ。これも20歳前後に夢中になって読んだもので、もう一度読みたいのだがアメリカでは絶版。古本屋でも、米国アマゾンの中古書マーケットでもほとんど見かけない。

あとは日本の電子書籍がこちらから気軽に購入できるようになれば言うことないんだけどなあ…


 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

お願い

コメント、トラックバックしてくださる皆様、ありがとうございます。

コメント、トラックバック共に、内容が不適切であると判断したもの、商業サイトによるもの、リンクなしのトラックバック、アフィリエイトのみのブログからのトラックバックは削除させていただきます。ご了承ください。

また、商業サイトによる無断(無許可)リンクはお断りさせていただきます。

また、ボストンの観光などについて個別でご質問をいただくことがありますが、なかなか個別の質問にはお答えする時間がありません。申し訳ありませんが、ボストン関連の掲示板などで質問されることをお勧めします。リンクにボストン情報の掲示板のリンクがありますので、どうぞご利用くださいませ。

最後にこのブログに掲載されている写真、文章などすべての内容の転載は固くお断りします。どうかご遠慮ください。

ミル姐の本棚

読書中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM