サンクスギビング旅行7日目:Blue Springs State Parkでマナティに会う

  • 2014.11.28 Friday
  • 23:12
JUGEMテーマ:旅行

サンクスギビングの翌日はやや涼しいながらも晴れ。最高気温が15度ということで、ボストンから来ると充分暖かいが、フロリダの人にとっては「寒い」そうだ(笑)。しかし、やや寒いということはマナティたちが温かい水温を求めて湧き水の出るBlue Springs State Parkにやってくる、ということだ。この州立公園は夫の両親の家から車で40分ほどで、夫と私は2007年に夫の両親と出かけたが、妹夫婦は未体験。ちょうどタイミングが完璧なので、マナティを観に行くことにした。

まずは家族がお気に入りのBeacon Restaurantでブランチ。ビーチに続くショッピングストリート沿いにあるこのレストランはいわゆるダイナータイプ。ここでもやっぱり私はつけあわせにグリッツを頼む。サンクスギビングの翌日の金曜日は続けてお休みを取る人も多いので、店内は多くの家族連れでにぎわっていた。
14-11-28-03__.jpg

食後、夫の両親はいったん帰宅し、私たち夫婦はこのストリート沿いにあるIngressのミッションをプレイ。この辺りにはポータルが集中しており、それらをまとめてコースにしたものがミッションだ。リストにあるポータルを全部ハックすればミッション完了。これは短いコースなのですぐ終わる。ついでにこの通りの店をちょっとチェック。観光地なので値段は高い(笑)。

さすがフロリダ、と思ったこのTシャツ。サンタがスキューバダイビングをしている。寒いところのサンタよりスリムだ(笑)。
14-11-28-04__.jpg

歩いて帰宅し、そこから車二台に分かれてBlue Springs State Parkへ。14-11-28-06__.jpg
公園に到着。湧き水のある河沿いに歩いていくと水の中のマナティが見られる。14-11-28-06__.jpg


今回は前に訪れたときより寒かったせいか、マナティが本当にたくさんいた。前回はかなり奥まで行ったのだが、今回はコースを歩き出すとすぐにマナティの群れが水の中にいるのが見られる。ぼんやりと白っぽいシルエットで数頭の群れだ。
14-11-28-08__.jpg

親子づれがゆっくりと岸に向って泳いでくる。
14-11-28-09__.jpg
河沿いの歩道にはマナティのイラスト(笑)。ギフトショップも当然マナティグッズがいっぱいだ。
14-11-28-10__.jpg
おお、ここもたくさんいる。細長く黒いのは魚だ。マナティの子供くらいの体長がある。当然ここは遊泳禁止。何しろここにはマナティだけでなく、亀やアリゲーターもいるのだ。前回はアリゲーターがひなたぼっこをしているのを見たが、今回は見かけなかった。水が透明でよく見える。光の当たり具合で白く見えたり(画面の左上)、実際の色に見えたり(手前の親子)する。

14-11-28-14__.jpg
母親にぴったりくっついている赤ちゃん。親子で底に横たわり、お昼寝でもしているようだ。
14-11-28-16__.jpg

ここでは数頭が水面に浮いてきている。動きはゆったりとしている。
14-11-28-21__.jpg

かなり大きなサイズのマナティが表面に浮いてくる瞬間。
14-11-28-23__.jpg

のんびりと泳ぐマナティの影が水底に。
14-11-28-25__.jpg

親子連れがこちらに向ってくる。なんだか潜水艦のようだ。
14-11-28-27__.jpg

けっこう機能的な形なんだなあ。
14-11-28-34__.jpg

向きを変えた。
14-11-28-37__.jpg

三頭が集まってくる。
14-11-28-42__.jpg
帰り道。数頭がみんなで水底でじ〜っとしている。ちょっと不思議な光景。日当たりがいいスポットなので、ひなたぼっこなのかも。
14-11-28-50__.jpg
帰宅して、この日はサンクスギビングディナーの残りで夕飯。サンクスギビングの醍醐味は翌日、翌々日に残りものをいただくことだ、という人も多く、みんなわざと多めに作るのだ。今回は七面鳥はかなり小さいものにしたので2日分だけだったが、わざと大きいのを焼いてその後色々料理するうちもある。夫の両親はクリスマスの時期にはニューヨークに戻るし、今回は知り合いのお祝い事があるので早く帰ることにしていて、来週の火曜日にはもう出発するので、残り物は極力出さないようにしていたようだ。

私たちは明日の朝、車で、妹夫婦は明日の夜の飛行機で出発。楽しいサンクスギビングだった。さあ、明日は一気にワシントンDCと河をへだてたヴァージニア州アーリントンまで突っ走る。長丁場だ。

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

お願い

コメント、トラックバックしてくださる皆様、ありがとうございます。

コメント、トラックバック共に、内容が不適切であると判断したもの、商業サイトによるもの、リンクなしのトラックバック、アフィリエイトのみのブログからのトラックバックは削除させていただきます。ご了承ください。

また、商業サイトによる無断(無許可)リンクはお断りさせていただきます。

また、ボストンの観光などについて個別でご質問をいただくことがありますが、なかなか個別の質問にはお答えする時間がありません。申し訳ありませんが、ボストン関連の掲示板などで質問されることをお勧めします。リンクにボストン情報の掲示板のリンクがありますので、どうぞご利用くださいませ。

最後にこのブログに掲載されている写真、文章などすべての内容の転載は固くお断りします。どうかご遠慮ください。

ミル姐の本棚

読書中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM