サンクスギビング旅行2日目:ローリー(SC)とサヴァンナ(GA)

  • 2014.11.23 Sunday
  • 23:32
JUGEMテーマ:旅行食べある記|グルメアメリカ生活



2日目の朝は雨で気温も低め。ホテルをチェックアウトしてまずは近くにある州都のローリー(Raleigh)へ。実際の発音は「ラーリー」に近いが、日本ではローリーが定着しているようだ。あまり見物する時間はないが、車で古い市街地を少し見て回る。



ローリーは歴史のある街で、古い建物と新しい建物が混在しているが、とても綺麗な町だった。
 
州議事堂
 
 
 
州議事堂の隣のブロックにあるプラザ。 
 
メモリアル・オーディトリアム

歴史のある街なので当然Ingressのポータルも数多く、今レベル11に上がるために未知のポータルのハックとレゾネーターの設置が必須な私と夫にはとてもありがたい場所でもあった(笑)。こういうところは大抵激戦区で白いポータル(どちらの陣営にも属していない)も多かったし、敵方のポータルも少し攻撃してレゾ設置をしてきた。このゲームをプレイするようになって、知らない場所へ旅行する楽しみは倍増したと言えるだろう。

そしてローリーの市街地を抜けて市の南にあるBarry's Cafeへ。ここで遅めの朝食を取る。ここは消防士さんが来ると割引してくれるそうだ。

 
店内も消防士テーマのディスプレイ。消防士のヘルメットが飾られている。

店内は二つのエリアに区切られているが、その一つは壁に全米の地図があり、各地の消防士のワッペンが飾られている。反対側の壁にはノースキャロライナ州の地図があり、これまた各地の消防士のワッペンで埋め尽くされていた。
 
メニューの表紙。

東海岸北部のいわゆるニューヨークスタイルのダイナーとちょっと違うのはホームフライ(茹でたジャガイモを玉ねぎなどと一緒に味付けして炒めたもので、NYスタイルのダイナーでは必ずこれがついてくる)の代わりにハッシュブラウン(ジャガイモを大きめの角切りにして揚げたもの)がついてくることだ。そしてグリッツ。南部名物のグリッツは、トウモロコシを粗く挽いたものを煮込んでお粥にしたものだ。私は実はこれが好きで、たまに家でも作ったりする。オートミールにくらべるとちょっと手はかかるが、トウモロコシの味がしてネットリとしたこのお粥、バターと塩だけで食べても美味しいし、アメリカ人はこれにシロップを混ぜて甘くして食べたりもする。

私は普通に目玉焼き、トースト、ベーコンのセットで付け合せはグリッツにした。 

夫は「消防士スペシャル」。パンケーキ、目玉焼き二つ、ハッシュブラウン、そしてパティタイプのソーセージ(ハンバーグとは違う朝食専用の味付けになっている)。 
  
すっかり堪能してドライブ再開。

ノースキャロライナ州をひたすら南下して、やがて州境にやってきた。サウスキャロライナ州の手前には営業していないさびれたガソリンスタンドなどが並んでいるが、カラフルな看板がたくさん並んでいる。

何だろう?と思ったが、州境にある高速の下を通ってサウスキャロライナ州に出るととんでもない光景が広がっていた(笑)。

South of Borderという観光商業施設である。ここは有名で、いろんな写真がネットで見られるのでぜひご覧いただきたい。 広いし、私たちは急いでいるので、ちょっと数枚の写真を撮って敷地内に沢山あるポータルをハックしただけだが、子供連れならこのキッチュ極まりないかんかも楽しめそうだ。

レストラン、ホテル、ホットドッグスタンド、ミニゴルフにミニ遊園地など内容も様々だ。

さて、そこを出てまたひたすらドライブ。ジョージア州に入り、3時半過ぎにサヴァンナに到着した。サヴァンナもまた、歴史のある町だ。ここでは、Coffee Foxというカフェに入っておやつ。お昼を食べなかったので、チーズプレートとパンプキンチーズケーキを食べる(笑)。チーズはブリー、チェダー、そしてサラミとブドウにフランスパンでなんと15ドル。ボストンがいかに物価が高いか、昨日の夕食、今朝の朝食とあわせてよく実感できた。
その後少しだけ町の中をドライブする。残念ながら雨がだんだんひどくなってきたが、ここでは既に温度が25度を超えており、朝、ダーラムを出たときの一桁の温度との格差がすごい。観光サービスの足漕ぎバス(?)が通る。
「風と共に去りぬ」にでも出てきそうなステキなお屋敷。今はInnになっているらしい。
こちらは明らかにモダンな20世紀の建物。タイル張りの壁と微妙なカーブがちょっとアールデコな感じもして面白い。昔のバスタブみたいだなあとも思ってしまった(笑)。


スパニッシュモスが木から下がっており、ああ、南部に来たなあという実感がここで始めてわく。
 
この後は、ひたすらひどくなる雨の中を運転して、午後8時半過ぎにフロリダの東海岸、だいたい半島の中間地点にある夫の両親の家に到着した。長時間のドライブで疲れたのも確かだが、私にとってははじめて自分の目で見る南部。色々と面白かった。特にサヴァンナとローリーはぜひまた訪れてみたい場所だ。明日からはフロリダで夫の家族とのんびり過ごす。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

お願い

コメント、トラックバックしてくださる皆様、ありがとうございます。

コメント、トラックバック共に、内容が不適切であると判断したもの、商業サイトによるもの、リンクなしのトラックバック、アフィリエイトのみのブログからのトラックバックは削除させていただきます。ご了承ください。

また、商業サイトによる無断(無許可)リンクはお断りさせていただきます。

また、ボストンの観光などについて個別でご質問をいただくことがありますが、なかなか個別の質問にはお答えする時間がありません。申し訳ありませんが、ボストン関連の掲示板などで質問されることをお勧めします。リンクにボストン情報の掲示板のリンクがありますので、どうぞご利用くださいませ。

最後にこのブログに掲載されている写真、文章などすべての内容の転載は固くお断りします。どうかご遠慮ください。

ミル姐の本棚

読書中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM