サンクスギビング旅行1日目: ボストンからノースキャロライナへ

  • 2014.11.22 Saturday
  • 22:35
今年のサンクスギビングは、一昨年と同じく夫の両親が冬を過ごすフロリダに家族が集まる。前回は往きは飛行機、帰りは寝台車だったが、今回は別のプランを立てた。

往復どちらも、ボストンからワシントンDCまでアムトラックの長距離列車。そこからフロリダへの往復はレンタカー、という計画だ。前回は列車で寝ている間に通過したヴァージニア州、ノースキャロライナ州、サウスキャロライナ州、ジョージア州を今度はドライブで通過する。

かなりの長距離なので、途中で一泊もして、ついでにご当地の美味しいものも食べようじゃないか、ということで、往きは午後DCに到着して車に乗り換えてから4時間ほどドライブし、8時頃にノースキャロライナのダーラムで一泊。帰ってくる時はDCに近い、ヴァージニアのアーリントンで一泊する。

今日土曜日は朝4時に起きてボストン市内のサウスステーションへ。午前6時40分発の普通列車に乗り込む。アセラという特急もあるが、それほど時間は短縮されないうえ、料金はやたらに高い。アムトラックは飛行機とそんなに変わらない料金なのだ。

しかし、空港のような大袈裟なセキュリティチェックインもないし、席もゆったりしていて、各席には電源もあるので、移動時間こそかかるが、快適さは飛行機とは比べ物にならない良さだ。

駅のポーターさんに荷物を預ければ、普通クラスでも、他のお客より優先して乗車させてくれるのでおすすめ。チップは預ける荷物一個につき、2-3ドル。

この辺りの冬の日は短い。ボストンの市街地を抜けた30分後、ようやく陽が昇ってきた。


この日の朝ご飯は駅で買ったダンキンドーナツのクロワッサンドーナツ。つい最近発売されたニューアイテムだ。もうブームが過ぎた今頃、というのがちょっと面白いが、Whole Foodsで一時期売っていたものより軽くて美味しかった。クルーラーとそんなに変わらない気もしたが(笑)。

お昼も列車の中で朝買っておいたベーグル。何しろ今日は夜が楽しみなのだ。

さて、DCについて、まずは駅構内にあるレンタカーの窓口へ。予約しておいた大型セダンがない、という事態になって少し時間がかかる。結局中サイズのハイブリッドカーになった。フロリダで両親を乗せて出かける事も多いため、車の乗り降りがちょっと大変な義母のため、ゆったり乗れる大型を希望していたのだが、仕方ない。

4時過ぎに出発。まずは隣のメリーランド州へ。車の機能(エアコンの操作の仕方、BluetoothでふたりのiPhoneを接続するなど)を確かめているうちにポトマック河を渡る大きな橋にさしかかる。ちょうど日暮れ時だ。


橋を渡りきると向こう岸はヴァージニア州。ひたすらハイウエイを走る。

ノースキャロライナ州に入り、8時ちょっと過ぎにDurham(ダーラム)に到着。有名なデューク大学がある町だ。夫がリサーチして、色々なサイトの全てで、この町で一番人気だった場所で夕食を食べることに。

それはここ。


The Original Q Shack
である。

Shack(掘っ建て小屋)という名前のレストランは大抵ファストフード形式で、ニューイングランドだと、シーフードで美味しい店がよくこの形式を取っている。ここもカウンターで注文し、受け取って好きな所に座って食べるスタイル。気候がいい時は外のピクニックテーブルでもいい。


店内はこんな感じ。


お店のロゴのブタさんをモチーフにした巨大な絵も壁を飾っている。


夫はスペアリブディナーセット、私はPulled Chicken (バーベキューソースで焼いた鶏肉をほぐしたもの)のサンドイッチ。夫はサイドディッシュを二つ、私は一つ選べる。そしてどちらにも南部名物ハッシュパピーがつくのだ。ハッシュパピーはトウモロコシの粉で作ったネタを油で揚げたもの。

夫が選んだ付け合わせはマカロニ&チーズとほうれん草のクリームあえ。私もほうれん草を選んだ。




各テーブルにはビールのシックスパックの箱を利用した調味料入れ。ナプキンの代わりにドーンとペーパータオルのロールが置いてある。



アメリカのバーベキューソースは辛めでこってりなので、元々あまり肉好きというわけでもなく、辛いものにもそれほど興味がない私だが、やはり本場のものは美味しい!鶏肉は大きめにほぐしてあるせいか、胸肉にもかかわらずジューシーで美味しかった。ソースも深みのある味。

お店のロゴ入りTシャツや野球帽もあるとのことで、Tシャツを買いたかったのだが売り切れ中とのことで残念だった。

すっかり堪能して近くのホテルにチェックイン。明日はここからフロリダまで1日かけてドライブだ。というわけで早く就寝。明日に続く。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

お願い

コメント、トラックバックしてくださる皆様、ありがとうございます。

コメント、トラックバック共に、内容が不適切であると判断したもの、商業サイトによるもの、リンクなしのトラックバック、アフィリエイトのみのブログからのトラックバックは削除させていただきます。ご了承ください。

また、商業サイトによる無断(無許可)リンクはお断りさせていただきます。

また、ボストンの観光などについて個別でご質問をいただくことがありますが、なかなか個別の質問にはお答えする時間がありません。申し訳ありませんが、ボストン関連の掲示板などで質問されることをお勧めします。リンクにボストン情報の掲示板のリンクがありますので、どうぞご利用くださいませ。

最後にこのブログに掲載されている写真、文章などすべての内容の転載は固くお断りします。どうかご遠慮ください。

ミル姐の本棚

読書中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM