読書レビュー:山本一力「だいこん」

  • 2010.06.10 Thursday
  • 22:54
評価:
山本 一力
光文社
¥ 960
(2008-01-10)

JUGEMテーマ:読書

また気になる作家に出会ってしまった。出入りの読書掲示板で、「きっと気に入ると思います」と勧めていただいた作品である。

江戸の下町で一膳飯屋を営む若い娘、つばき。日雇い大工ながら腕がいい父親安治と、これまた気働きが良く、自分もけっこうかせげる母みのぶ、そして妹のさくらとかえで。気丈なつばきは数々の困難にもめげず、抜群の腕をふるって下町の労働者たちが喜ぶ味を提供していく・・・。

若い娘が江戸で、包丁一本でやっていくという設定は以前このブログに感想を書いた、高田郁の「みをつくし料理帖」にも似ている。しかし、作家が違うと似た設定でもこんなに違ってくるものか、と感心した。どちらもいい作品である。

「だいこん」の魅力は、勢いのあるストーリーと文体である。テンポがよく、一気に読ませる迫力がある。ぐいぐいと太い彫刻刀で一本の丸太から彫ったような勢いがあるが、しかし決して雑ではない。登場するたくさんの人々もそれぞれ奥行きがあり、圧倒的なリアリティがある。

主人公のつばきを取り巻く家族や友人、仕事仲間も、それぞれ欠点もあり、お互い感情に流されて傷つけあったり、誘惑に負けて失敗したり周囲に迷惑をかけたりもする。しかし、みんな悪気はなく、一生懸命家族や友達を大切にして生きているのである。家族同士、つい思いやりのない言葉を投げ合ってしまうこともあるし、かと思えば、思いがけなく頼りになる言動もあり、家族の絆をも強く感じさせる。世の中の人って、実はたいてい、みんなこんな感じなんじゃないだろうか。いつもいつも正しくはないし、過ちも犯すし、言っちゃいけないことを言っちゃったりすることもある。でもやっぱり家族や友達のことを愛していて、大事な人のために一生懸命一肌も二肌も脱ぐ(笑)。そうそう、世の中ってそういうものなんだよなあ、とうなずかせるのがこの本の魅力だ。


特につばきの両親。父親安治は一時期博打に溺れてとんでもない借金を背負ったりするし、飲んだくれたりもする。つばきは借金取りに利息を払うのが精一杯の 安治の姿を子供の頃見ていて、なんとか借金なしで自分の店をやっていこうとする。しかし、つばきが商売の上で大事な決断をするとき、彼女が一番頼りにする のもまた、安治の判断である。

しっかりものの母親みのぶもまた、つばきのために一生懸命店を助けて働いている。安治と喧嘩もするし、自分にまけないほどしっかり者のつばきに自分の意見 を却下されてかなり気分を害したりもする。そうだ、母親と大人になった娘って、こういうことはよくあるよなあ、と少し微笑ましい気持ちで読んだ。そんなみのぶの言動につばきも傷ついたりするのだけど(笑)、お互い様なのである。そういうあたりがとてもリアルだった。

しっかりものの長女であるつばきにも長女ならではの悩みもある。私は二人姉妹の下なので、三人姉妹の長女であ るつばきの気持ちというのは自分が経験したことのない感情描写が多かったが、三人姉妹や兄弟の一番上、という友達もいて、そういう友達が話していたことを ふと思い出したりもした。山本一力という人の作品を読んだのは初めてであるが、とても魅力的な作品を書く人だと思う。こうなると、他の作品も読んでみたくなった。パワーがあり、しかし細かいところもしっかり押さえていて、かなり分厚い本であったが一気に読ませる力はすごい。

そして随所にある食べものの話。これを読むと美味しい炊き立てのご飯が食べたくなる。アメリカではどんなに高いお米を買ってもやはり日本で食べるのと同じ味には炊けない。実家の近くで農家をやっている知り合いの方も言っていたが、アメリカの乾燥した気候では、同じ稲から育てても同じようなふっくらモチモチのお米にはならないのだそうだ。昨年日本に帰ったとき、コンビニのおにぎりでさえ、こちらの日本食レストランのご飯や、うちの炊飯器で炊いたご飯より美味しかった。こういう本を読むと、日本の美味しいお米が恋しくなるのである・・・(笑)。まあ、お米が手に入るだけありがたいのだけれど。

この本は一応完結しているようだが、続編が出てもおかしくない終わり方だった。 続編が出たら嬉しいけれど、上を向いてしっかり歩んでいくつばきの姿がすがすがしいラストだったので、まあこれで終わりでもいいのだろうなあ。それにしてもこの人の作品、もっともっと読んでみたくなったので、これから作品をリサーチしてみたいと思う。
コメント
こんにちは。フロリダ Blue Spring State Park を検索してヒットしまして、読ませていただきました。体験記、とてもためになります。特に、日帰りでいけるのだな〜と感心しました。どうもありがとうございました。
もし、お時間ありましたら、教えていただきたいのですが、返事なくても気にしませんので、遠慮なく、スルーしてください。(^_^)特に、フロリダはお父様が在住ですものね。無理なお願いかも知れません。
マイアミで行きたいコンサートがあり、ハワイに行きたがっている家族を巻き込みたく、いろいろ調べています。

(1)8月はマナティはいないようですが、シュノーケリングをするのに水は綺麗ですか?

(2)バケーションレンタルを探しています。
9歳のシュノーケリングができるようになったばかりの子供も楽しめるお魚たくさんのスポット
逆に、砂浜で遠浅なすごしやすいビーチ、ご存知でしょうか?

フォートローダーデールを検討したのですが
太平洋側は波が荒いと聞きました。では、タンパより下のメキシコ湾側がいいかなぁと思うと、原油の影響も心配です。

エアがなぜかオーランドINが安いので、オーランドIN
Blue Spring State Park、ディズニーランド、その後 バケーションレンタルで数日、そして、マイアミにいって、コンサート、と考えています。

初対面で長々と失礼いたしました。

読んでいただいてどうもありがとうございました。
  • ゆかり
  • 2010/06/14 4:13 PM
ゆかりさん、こんにちは。いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

フロリダのことはお察しの通り、私は詳しくないのでご質問にはお答えできません。実現するといいですね。
お返事どうもありがとうございました。
がんばります!
  • ゆかり
  • 2010/06/14 9:22 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

お願い

コメント、トラックバックしてくださる皆様、ありがとうございます。

コメント、トラックバック共に、内容が不適切であると判断したもの、商業サイトによるもの、リンクなしのトラックバック、アフィリエイトのみのブログからのトラックバックは削除させていただきます。ご了承ください。

また、商業サイトによる無断(無許可)リンクはお断りさせていただきます。

また、ボストンの観光などについて個別でご質問をいただくことがありますが、なかなか個別の質問にはお答えする時間がありません。申し訳ありませんが、ボストン関連の掲示板などで質問されることをお勧めします。リンクにボストン情報の掲示板のリンクがありますので、どうぞご利用くださいませ。

最後にこのブログに掲載されている写真、文章などすべての内容の転載は固くお断りします。どうかご遠慮ください。

ミル姐の本棚

読書中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM