一月を振り返る

  • 2009.02.01 Sunday
  • 14:26
JUGEMテーマ:アメリカ生活

早いもので、もう二月一日である。大学は1月26日から始まり、やっと通常の仕事のスケジュールとなった。といっても、一月は、その分、色々と用事もあって、それなりに忙しい毎日ではあった。寒い日が続き、毎日氷点下で、雪も多く、年が明けてからはほとんど地面を見ていない。

今学期の大学は、ピアノのグループレッスンがないので、その分時間の融通は少しだけきくようになった。三月の初めに、また音楽科主任をはじめとする教官との室内楽のコンサートが控えており、それにそなえてのリハーサルも始まる。

1月を振り返ると、アメリカでは、オバマ大統領の就任式という明るいニュース、そして同時にますます悪化しつつある経済状態の二つが最大の話題であった。私が教える大学は州立大学であり、州の予算カットの波をもろに受けて、こちらも年度途中での予算カットでパニック状態になっている。今後どのように大学が生き残っていくか、心配であることは確かだ。

私立で豊かな有名大学も同じらしく、先日は、近隣の町にあるブランダイス大学は、財政難のため、大学の美術館を閉鎖し、その所有である美術作品を売却する、と発表したばかりである。売られるのがイヤでこれらの素晴らしい作品を大学に寄付した人々からは、当然約束が違う、と怒りの声が上がっており、これが実行されるかどうかはさだかではないが、それだけ教育機関もせっぱつまっている、ということを示すエピソードであることは間違いない。

私の周囲でも、レイオフ(解雇)の話は少しずつ耳にするようになってきている。この厳しい状況がどこまで続くのか・・・。

そんな中で、多くのアメリカ人が希望と喜びを見出したのが、オバマ大統領の就任式だったようだ。その前日は、マーティン・ルーサー・キング牧師の誕生を祝うMartin Luther King Jr. Dayであり、私の町では毎年恒例のイベントが行われた。町で人権運動に力を尽くした人を表彰し、その後州内で功績のあった黒人をゲストに招いて講演を行う、というイベントである。ポットラックパーティでもあり、出席は誰でも自由だが、食べものを持ってくることが条件になっている。
夫はこの町に住んでから毎年出席しており、私も仕事が入らない限り一緒に出席している。今年は町役場の講堂で行われ、以前はディナーパーティ形式だったの が、タパス形式(立食)になった。これはこれで、かえって町の色々な人々と話せるので悪くない。姉妹都市の活動を通して、私も夫も政治関係の知り合い以外 に色々な人と知り合うことが出来たので、だんだんと夫にくっついているだけでなく、自分で色々な人と話せるようになってきたのも嬉しいものである。

オバマ大統領就任の前夜ということもあり、特にこの年のイベントは盛り上がったように思う。そして翌日の就任式。わたしの町では、劇場で大型スクリーンに よって実況中継が行われ、無料で劇場が開放された。平日だったが、小中学校などでも、生徒たちにその模様を見せた教室も少なくなかったそうだ。

前日、リンカーン記念堂の前で行われたコンサートのテレビ中継も感動的だった。しかし、若いアーティストの演奏が多く、私は、
「どうしてアレサ・フランクリンとかそういう大御所をもっと出さないのかしら」
と夫に言っていたのだが、アレサ・フランクリンは、ちゃんと就任式に登場して、「America」を熱唱した。ああ、前夜祭じゃなくて、本番だったのね、と納得する(笑)。あの帽子は良かったなあ!

ヨーヨー・マやイツァーク・パールマンの四重奏(ジョン・ウィリアムスのアレンジによるアアメリカ民謡、Simple Gift)も良かった。もちろん気候はクラシック音楽の楽器にとってはとんでもない悪環境だったので、前もって録音し、スペアの楽器を使っての「口パク」 ならぬ「指パク」だったのだが、それを聞いてむしろ安心(笑)。

これからのオバマ政権がどのようにこの難しい時代の舵を取っていくかが注目されるところだが、期待したいところである。しかし、この不景気がそう簡単に回復する、と考えている人は少ないようで、しばらくはアメリカにとっては厳しい時代が続くのだろう。

1月の私は少し風邪気味だったが、寝込む、というところまでいかず、流行っているインフルエンザにもならなかったので、むしろ運が良かったと思うべきだろう。夫も猫のミケも元気である。ミケが我が家に来て三ヶ月ほどになる。だんだんと慣れてきたようで、最初は無言だったのが、時々ミャーミャー言うようにもなったし、前は甘えるのは餌をもらうため、という感じだったが、今は何もないときに、ふっと甘えたりするようになってきた。猫のいる生活は本当に心が安らぐものである。

下の写真は、先日ベッドのシーツを取り替えたとき、マットレスを壁にたてかけておいたらいつの間にかよじ登って部屋を睥睨しているミケ。(クリックで拡大します)
マットレスの上に座るミケ

二月は一番寒くなる時期なので、まだまだこれから雪も多いだろうが、頑張っていきたいものである。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

お願い

コメント、トラックバックしてくださる皆様、ありがとうございます。

コメント、トラックバック共に、内容が不適切であると判断したもの、商業サイトによるもの、リンクなしのトラックバック、アフィリエイトのみのブログからのトラックバックは削除させていただきます。ご了承ください。

また、商業サイトによる無断(無許可)リンクはお断りさせていただきます。

また、ボストンの観光などについて個別でご質問をいただくことがありますが、なかなか個別の質問にはお答えする時間がありません。申し訳ありませんが、ボストン関連の掲示板などで質問されることをお勧めします。リンクにボストン情報の掲示板のリンクがありますので、どうぞご利用くださいませ。

最後にこのブログに掲載されている写真、文章などすべての内容の転載は固くお断りします。どうかご遠慮ください。

ミル姐の本棚

読書中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM