ドイツのバウムクーヘンその2とダイエット

  • 2011.01.11 Tuesday
  • 22:45
JUGEMテーマ:食べある記|グルメねこのいる暮らしダイエット

年も明けたが、相変わらずマイペースなうちのミケ。あまりベタベタしないタイプだけど、最近前より甘えん坊になってきた。しかし相変わらず、たまに遊んでいるつもりなのか、そばを歩くと急に足に噛み付いてくることがある・・・。困ったものだ。怪我をするほどじゃないが、やはり歯を立てられると痛い。そんなときの対策は、そばにあれば水スプレー。面白いのは、バスルームに飛び込むと、追いかけてきてもバスルームの前でぴたっと止まること(笑)。まるでフォースシールドが存在しているかのようだ。そんなミケの近影。iPhoneのInstagramというアプリで加工してみました。

2010年一月のミケ

さて、先日はドイツ人の知り合いでこちらに住んでいる人が、クリスマスに里帰りするというのでお願いしてあったブツを持ってきてくれた。お金を払って手に入れたそれとは、この間日記にも書いた、そうまたまたバウムクーヘンである(笑)。こちらはALDIというブランドのもの。ALDIは、アメリカにも店舗があるらしいが、ドイツが本拠の大手ディスカウントチェーンである。クリスマス前にALDIのドイツ店舗で売っている自社ブランドのバウムクーヘンは一個4ユーロと安いが、これがなかなか美味しいのだ。昨年一つ買ってきてくれて美味しかったので、今年はお金を払うので荷物に余裕があったら二個買ってきて!とお願いしてしまった(笑)。で、めでたく二つ手に入ったのである。

ALDI のバウムクーヘン


これもやはりチョコレートコーティング。ダークチョコレートである。袋から出すとこんな感じ。

バウムクーヘン2

というわけでまた、季節限定の味を楽しむことが出来る。嬉しいなあ。少しずつ大事にいただいてます。
続きを読む >>

エクササイズ近況

  • 2005.07.09 Saturday
  • 22:45
さて、運動嫌いで三日坊主の私には信じられないことだが、7月に入っても、ジム通いはまだ続いている。1月に開始して以来減った体重は10ポンド。(4.5キロ)のんびりペースではあるが、体脂肪率も5%減ったので、まずまずというところか。一時的なダイエットでなく、ずっと続けられる生活習慣という気持ちでやっているので、食事も質と量に気をつけこそすれ、無理に食べないということはしていない。週に1度くらいはつきあいで外食するし、そういう時は好きなものを食べる。ただし、家で普段暴食しないようにしていたら、外でも量をあまり食べなくなった。

最近ちょっと体重の減りが停滞気味だったので、体脂肪も計れる体重計を購入した。それをきっかけに、体重、体脂肪率、3サイズ、そして二の腕の太さ(これがまた私の泣き所。ピアニストは腕をリラックスさせるのが正しいので、筋肉が全然つかず、すっかり振袖のように・・・)を毎朝計って、エクセルで記録を始めた。
続きを読む >>

おらがフィットネスクラブ

  • 2005.06.01 Wednesday
  • 22:01
ジム(フィットネスクラブ)でひさしぶりに体重を量る。4月中旬から5月下旬の5週間さぼっていたので、また増えていたらどうしようと思っていたが、4月上旬より1ポンド減。ほっとすると同時に決意も新たになる(笑)。これで年明けから約9ポンド減らしたわけだが、目標まではまだ15−6ポンドある。今年の暮れまでには到達したいと思っているのだが、はて、どうなるか。

このジムは1月からだが、今まで入会したジムに比べてかなり庶民的な感じだ。最初に入会したジムは、当時住んでいたボストン市内で、学生の多いエリアにあった。若い社会人と大学生が圧倒的に多く、みんな黙々と運動していた。二度目に入会したジムは、その後引っ越してボストンから西に50キロくらい行った町のもの。ジムがメインでなく、インドアテニスクラブで、それに付属したジムだった。規模も小さく、利用する人も少なかったので、ある意味気楽ではあった。
続きを読む >>

ダイエットと外食

  • 2005.03.13 Sunday
  • 21:54
朝8時に起きてそのままフィットネスクラブへ。背中の筋違えは治ったが、右手の突き指の調子がまだいま一つなので、筋トレは手と背中に負担のかからないものだけで、とりあえずあとはいつものトレッドミル。

ロッカールームでひさしぶりに体重を図ったらトレーニング開始の二ヶ月前から5ポンド減っていて大喜び。最初はなかなか減らないときいていたので、いつから減るのかな〜と楽しみにしていたが、やっと効果が出始めたようだ。1月、2月とも全然体重が変わらず、そういうものだとはわかっていたが、やはりこうして数字に出るとうれしいものだ。トレーナーの言うとおり、ゆっくり時間をかけて(一ヶ月で2〜3ポンドずつ減らすといいらしい)やっていこう。食事の内容を変えたのも効果があったのかな。目標は20ポンド減なので、1年後くらいをめどに継続したい。というかこの生活パターンをずっと維持したいものだ。父が糖尿病なので、私もなりやすい体質かもしれない。気をつけて運動を心がけないと危ない。

今日は夕方コンサートがある。といっても一曲演奏するだけなので、気は楽だ。友人のフレンチホルン奏者が主催の、ホームレス救済の資金集めコンサート。昨年彼女と、私と、日本人の親友の3人で演奏した曲を弾く。その前に、親友と二人で飲茶に行く。朝から運動したし、今週もずっときちんとした食生活だったので、良心の呵責なく、おいしいものをいっぱい食べるつもり。
続きを読む >>

大学と食事問題

  • 2005.02.03 Thursday
  • 20:34
今日は朝ジムに行き、午後から大学へ。夕方来年度の入学希望者数名のオーディションがあったので通常より終了が遅くなる。

レッスンなどのスケジュールも一通り決まり、来週からはやっと通常通りになりそうだ。火曜日は朝6時頃に家を出ないといけないが、水曜日と木曜日は先学期よりも遅い時間のスタートになるので、少し楽かも。その代わり、木曜がちょっとだけ終わるのが遅くなる。なんとかジムに行く時間は確保できるといいのだが・・・。

アメリカに来て今年の秋で16年になるが、日本の感覚の中で麻痺している部分もあることに時々気づく。最近、食べる量が増えていたことに気づいて、ちょっとショック(笑)。道理で体重が増えたわけです。自分で料理するときも、何も考えずに多めに盛り付けていたのだ。朝食がいい例。日本では目玉焼きは一個、トーストも一枚だった。それが、こちらのダイナーなどで当たり前のように二個の目玉焼き、トーストは2枚なもんだから、自宅で食べるときもいつのまにか、そうするようになっていたのだ。

今年は健康管理をきちっとする、と心に決めているので、気がついた日から、食事のたびに、日本のレストランや定食屋を思い出そうと努力して、それと同じ量にするようにした。で、それでちゃんとおなかいっぱいになるのである。今までいかに食べ過ぎていたか痛感。当たり前のことなんだけど、本当に目からうろこが落ちるような思いだったのである。慣れは怖い。

昨日は友人と日本レストランで食事したが、このときも鮭の塩焼き定食を頼んだら、大きな鮭が三切れもでてきてびっくり。でもここ数年、平気で食べちゃっていたのよね。日本のことを考えて一切れ食べ、あとはお持ち帰りとする。気軽にお持ち帰りができるところがこちらのいいところだが、あの量は本当に困る。半分の量で値段半分っていうサービスがあればいいのになぁ。

イタリアンレストランでも、中華料理の円卓料理なみの量で、ひどいときなど、三食分はゆうにありそうだ。パスタ料理などは作りたてが命だから、お持ち帰りしてもおいしくないし、こうなると本当にもったいないのだ。まあ、今年はがんばってせっせと料理してみよう。そして、料理するのも大事だけれど、本当に食べる量を「日本人の常識」の量で保とう、と固く決心する今日このごろなのである。いくらジムでがんばっても、カロリー摂取が多すぎたら意味がない。あたりまえだけど。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

お願い

コメント、トラックバックしてくださる皆様、ありがとうございます。

コメント、トラックバック共に、内容が不適切であると判断したもの、商業サイトによるもの、リンクなしのトラックバック、アフィリエイトのみのブログからのトラックバックは削除させていただきます。ご了承ください。

また、商業サイトによる無断(無許可)リンクはお断りさせていただきます。

また、ボストンの観光などについて個別でご質問をいただくことがありますが、なかなか個別の質問にはお答えする時間がありません。申し訳ありませんが、ボストン関連の掲示板などで質問されることをお勧めします。リンクにボストン情報の掲示板のリンクがありますので、どうぞご利用くださいませ。

最後にこのブログに掲載されている写真、文章などすべての内容の転載は固くお断りします。どうかご遠慮ください。

ミル姐の本棚

読書中

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM